ptsuyoの投資日記

株、投資などについてつづりたいと思います。週末は競馬予想をUPします。

個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の加入期間を65歳まで延長!

f:id:ptsuyo:20181028172334p:plain

◎加入期間を65歳まで延長

ついに厚生労働省は、公的年金に上乗せする個人型確定拠出年金iDeCo:イデコ)について、原則60歳までとなっている加入期間を65歳まで延長する検討に入るようです。

掛け金を払い込める期間を5年延長し、老後の備えを手厚くすることを狙うとのこと。

人生100年時代といわれ、70歳過ぎまでの雇用も検討される現状においては当たり前のことかもしれません。

さて、個人型確定拠出年金iDeCo:イデコ)は、公的年金に上乗せする私的年金です。加入者自身が毎月一定の掛け金を拠出し、運用商品を選択して自己責任で運用。運用成績次第で受け取る年金額が変わるのが特徴です。運用商品は定期預金や株式、債券、REITなどの金融商品があり、この中から自由に商品を選んで運用することになります。

掛け金は全額が所得控除の対象となり、所得税や住民税の税負担が軽減され、受け取る際も税制優遇が受けられます。

加入資格者は現在、個人型が60歳未満ですが、厚労省は、65歳まで加入できるようにしたい考え。加入期間を延ばすことによって運用する原資を増やし、将来への備えが手厚くできるようになることを狙います。

個人型確定拠出年金iDeCo:イデコ)の掛け金は、次の通り限度額が定められていますが、これの引き上げも併せて検討するようです。

 

◎掛け金の限度額

・自営業者等の拠出限度額は、月額68,000円。

企業年金等が全くない企業の従業員の拠出限度額は、月額23,000円。

・公務員の拠出限度額は、月額12,000円。

 

よろしければ、次の記事もご覧ください!